家賃未払いの対策|トーシンパートナーズで経営者デビューを果たそう
ウーマン

トーシンパートナーズで経営者デビューを果たそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

家賃未払いの対策

紙幣

最悪の事態を見越す

賃貸経営の最大の不安は、借主が見つかるかということです。借主がいなければ収入が得られないわけですから、当然のことです。ただ、借主がいたとしても、その借主が、しっかりと家賃を払ってくれるのかという不安もあります。しかし、その不安は解消することができます。なぜなら、賃貸借契約の際に借主には連帯保証人を用意してもらうからです。従って、もし借主が家賃を払わないという事態に陥ったとしても、貸主は連帯保証人に家賃を請求できるというわけです。ただ、正式な契約を交わしていたとしても、連帯保証人が請求に応じないケースも考えられます。そういった事態を見越して有効なのが、家賃債務保証をする会社と借主を契約させることです。

貸主にも借主にもメリット

借主が家賃債務保証をする会社と契約していれば、借主が家賃を払わなかった場合、その会社が即座に家賃を立て替え払いしてくれます。従って、収入が途絶えることはありませんから、契約の際、連帯保証人がいたとしても、家賃債務保証をする会社も借主に用意させることが賢明だと言えます。もっとも、家賃債務保証をする会社は借主にもメリットがあるのです。昨今は、連帯保証人を探すのに苦労します。連帯保証人に積極的になりたがる人はいませんし、それを知っていますから、連帯保証人になってほしいと頼むことも躊躇しがちです。それどころか、連帯保証人を頼めるような近親者がいないというケースも往々にしてあります。そういった時代ですから、借主にとって家賃債務保証をする会社は貴重な存在なのです。