家賃滞納リスクを軽減する|トーシンパートナーズで経営者デビューを果たそう
ウーマン

トーシンパートナーズで経営者デビューを果たそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

家賃滞納リスクを軽減する

模型とお金

賃貸経営のリスク

資産運用や節税のために賃貸マンション経営を始める人が多いですが、賃貸経営には様々なリスクがつきまといます。代表的なものとしては、空室リスクや滞納リスクがあげられますが、それだけに限られているわけではありません。それ以外にも、クレームリスクや訴訟リスクなどが考えられます。賃貸マンションさえ建ててしまえば、後は何もしなくても勝手に家賃が入ってくるというような甘い商売ではありません。これらのリスク対応を家主自らが行う場合は、大変な目に遭ってしまうことになります。そのため、最近では、専門業者を利用して賃貸経営にまつわるリスクを軽減しようとする家主が増えてきました。たとえば、賃貸管理会社を利用することで、空室リスクやクレームリスクを軽減することができるようになります。また、家賃滞納リスクの軽減には、家賃保証会社の利用が有効です。家賃保証会社を利用すれば、賃借人が滞納した家賃を全て家賃保証会社が支払ってくれるため、家主としてはとても助かります。

保証料

家賃保証会社の利用を必須条件にしておけば、家主は家賃滞納による不利益を被る必要がなくなります。昔は家賃保証会社の数がとても少なかったため、親兄弟を連帯保証人にすることを賃貸借契約締結の必須条件にしている家主が大半でした。しかし、連帯保証人に家賃を肩代わりさせるのは簡単なことではありません。先程も言ったように、家賃保証会社を利用すれば家賃滞納で収入減になってしまう心配をする必要がなくなります。ただし、保証料が高すぎると入居希望者が集まりにくくなってしまいます。賃借人からすれば、できるだけ保証料が安くなっている方がありがたいに決まっています。ですので、そのあたりのことをよく考えた上で利用する家賃保証会社を決めることが大切です。