安定した収益を上げるには|トーシンパートナーズで経営者デビューを果たそう
ウーマン

トーシンパートナーズで経営者デビューを果たそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

安定した収益を上げるには

説明

優良物件の条件とは

家賃収入を得ることを目的に購入する不動産のことを、収益物件と言います。家賃収入を得ることが目的ですので、なるべく収益を上げることができる優良物件を購入したいものです。その為には、優良物件の特徴を知っておくことが大切になってきます。収益物件で優良物件とは、利便性の良さ・管理やメンテナンスが行き届いている・設備の新しさなどの条件を満たしている物件です。また、ターゲットにしている層によって必要としている周辺環境には違いがありますので、ビジネスマンならコンビニ・ファミリーなら公共施設が近くにあるなどの条件を満たしていると入居率が良くなります。これらの観点から大阪の収益物件を探し、周辺環境と収益物件のターゲット層にずれがないかなどを確認しながら購入する収益物件を決めましょう。

不動産投資するなら

不動産投資をするなら大阪が良いと、今大阪の収益物件は投資家から大注目を集めています。注目を集めている理由は、大阪の持ち家率の低さが関係しており、5割の人しか家を持っていない大阪の現状があります。また、大阪は関西一の経済圏でもあり、人口の流入は多くそれだけ賃貸物件を必要としている人は数多くいると考えられます。そうすると、大阪の収益物件には入居する人も多いと考えることができます。また、大阪は金融機関の数が非常に多く、金融機関同士の競争も激しい側面があるので融資を受けやすい土地柄でもあります。なので、収益物件の数が少なくなっている東京よりも、大阪のほうが投資できる収益物件の数は多く、融資も受けやすいことから投資家から注目されています。